和楽プロジェクト ご支援いただき誠にありがとうございました。

  • 2017.08.14 Monday
  • 16:38

いつも和楽プロジェクトをご支援いただきましてありがとうございます。

 

8月9日をもちまして、2017年度も大きな怪我もなく、無事終了することが出来ました。

この場をお借りして、お礼申し上げます。

 

 

今年は1週間という短い期間ではありましたが、

子ども達は本当に元気に、

そして、たくましく

成長してくれたように思います。

 

 

 

 

嫌だったトイレ掃除も、

リーダーシップを取ってくれる、

小学校1年生の男の子が「やる!」と言えば、

他の子も次々にやる気を出し、

 

 

 

 

いつもは、口数の少ない子も、

友達と一緒なら、

笑顔でお料理の手伝いもしてくれる。

 

 

 

 

大切なのは、その子の事を信じてあげられる

周りの「大人」の存在なのかもしれません。

 

子どもは、よく見ています。

 

何より、子どもが真っ先に学ぶのは、私達大人の言動・行動・想いだからです。

それをまねて、子どもは成長します。

 

 

 

 

 

こんなことを言うと、ではどんな行動・発言をすればいいんだろう。

変に悩んでしまう方もいるかもしれません。

 

でも大切なのは、毎日を精一杯生きること。

自分が一番楽しく生きる背中を見せることです。

 

その中で、自分の行動も発言も自然と変わり、色々な想いが出てきます。

ダメな自分と思っていても、全然オッケーなのです。

 

そんな自分さえも信じてあげるのです。

 

そして、自分の命を大切にできたとき、人も大切にできます。

人から大切にされます。そして、命が生きていきます。

 

この、連鎖は物も自然も生きものも全て共通していると思うのです。

 

 

 

 

薪を使ってお料理をしたり、お風呂をわかしたり、

おもちゃではなく山や川で遊んだり、

畑に行って取れたての野菜を食べたり、

自分のおやつは自分で作ったり、

土をいじり泥んこになって遊んだり、

 

今すぐには解らなくても、

数十年後、自分が次の世代に伝えるチャンスがきたとき、

この生活の中で、楽しみながら感じた

 生かされている ということを伝えていってくれると思うのです。

 

僕は可能性あふれる子供たちのこれからを信じています。

 

 

 

 

 

 

また、現地福島では今も放射能問題は解決の目途が立っていないのが現状です。

 

これからも、サポートは続けていきたいと思っておりますが、

この保養プログラムにつきましては、本年で一度区切りを付けさせて頂きます。

 

そして自分に出来ることで、これからもサポートをしていきたいと思っております。

 

すべてのみなさんが、やりたいことを思いっきりやり

幸せに生きる世界を繋げていけますように。

 

 

 

本当に、本当に、ありがとうございました。
 

 

和楽プロジェクト代表 
山室顕規

 

 

 

和楽プロジェクト 未来創造実践塾 5日目

  • 2017.08.06 Sunday
  • 23:20

いつも和楽プロジェクトをご支援頂きましてありがとうございます。

本日も精一杯活動しました(^^♪

どうぞご覧ください!
朝一番は、呼吸の体操から(^_-)
  • ありがとう呼吸法
  • 般若心経の読経
  • あいうべ体操

どれも、深い呼吸ができます。

僕も、この和楽プロジェクト期間で、かなり腹筋が鍛えられます。 

そのあとは、みんなでお散歩。
毎日このメニューから朝が始まります!!
ホント、気持ちいいですよ☆
そして、ごはん作り!
今日は、サンドウィッチ!
中原工場長の指示のもと、どんどん出来上がっていきます。
みんなで作ると早いし楽しいね♪
どれも、美味しかったね♪
(^_-)-☆
スタッフにとって、子どもの美味しい顔は、何よりものご褒美です(^_-)-☆
そして、本日は大好きな強力なスタッフの二人が合流してくれました。
今年もよろしくお願いします!!
それを出迎える、男集団!
この日は、ジップスライドをしにみんなで山へ行きました!
長さ100mのジッブスライド。
楽しかったね♪
この方のパフォーマンスはすごい!!
みんな楽しみました☆
なにやら女子トーク(^^♪
盛り上がっていましたよ☆
昼からは、神石高原町へピクニックへ行きました。
早速、スイカを食べました。
甘くておいしいね♪
素敵な思い出と写真が撮れました(^^♪
46Mの滑り台!!
なかなか長い!!
ちょっと暑いので、一休み(^_-)-☆
和楽プロジェクト福島支部のお母さんが送ってくれたクッキーを食べました!(^^)
みんなは何を見ているのかな~?????
一休みな二人(^^♪
夜は花火☆
綺麗だね~♪
今日も盛りだくさんな一日(^^♪
楽しかった~♪
明日もたのしも( ^ω^ )
最後までご覧いただきましてありがとうございました。

和楽プロジェクト 未来創造実践塾 4日目

  • 2017.08.05 Saturday
  • 23:37

いつも和楽プロジェクトをご支援いただきましてありがとうございます。

 

本日は、米粉のお料理教室&流しうどんを行いました。

ご覧ください♪

 

朝のお掃除から。

 

 

 

 

隅々まできれいにしてくれてます。

 

 

 

 

そして、hiroさんの米粉教室がはじまりました。

 

 

hiroさんは、優しく子どもたちにも教えてくださいました。

 

 

hiroさんの米粉への扱い方が、本当に素敵でした。

米粉はデリケート。

丁寧に扱うその心が,美味しいお料理に繋がっているのですね。

 

 

出来上がった、米粉パン!!

色々な米粉パンを食べましたが、

本当においしい米粉パンでした(^◇^)

 

 

 

そして、流しうどんが始まりました。

さぁ~上手にとってね~

とぉ~!!

 

 

みんなで、作ったうどん!!

うまさ倍増しています(^^♪

 

 

 

 

 

 

食べ物は、本当に心が宿るものだと感じました。

それは、食べた人を幸せにし、作り手をも幸せにします。

当たり前の毎日で、簡単にできること。

丁寧に、作ること。

 

そして、本日は誕生日会もしました。

この期間中に2名の方が誕生日を迎えました。

本当におめでとうございます。

産まれてきてくれてありがとうございます。

 

ほんの気持ちで、桃のケーキを作りました。

美味しかったね~

 

 

明日も、最高の一日を過ごすぞ!!

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました(^_-)-☆

 

 

和楽プロジェクト 未来創造実践塾 3日目

  • 2017.08.04 Friday
  • 23:02

いつも和楽プロジェクトをご支援いただきまして

ありがとうございます。

 

本日は、パン作りからスタートです。
 材料は

  •   楽健寺酵母
  •   お水
  •   アガベシロプ
  •   お塩

 

 です。

水回しは手早くしていこう。

 

 

 

優しく練ってね

 

 

不思議なことに、練る力は大人の方があるのに、

出来た生地は、子供の方が気持ちいい生地になる。

これが、本当に不思議なこと。

 

 

 

 

パン生地が練りあがったところで、

続きましてお掃除にうつります。

 

こちらはトイレ掃除。

 

 

 

 

今日も男の子たちは飛ばしています!

 

 

掃除が終わるとしばらくして、パンの成形です。

 

 

 

 

 

みんな、美味しいですか~

焼いてくれた、ノリ君!
ありがとう!!

 

昼からは、なごみヨガの講座を開催しました。

子どもたちも気持ちよさそう。

 

 

 

今日も一日生き切ったね(^◇^)

明日も楽しもう♪
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

和楽プロジェクト 未来創造実践塾 2日目

  • 2017.08.03 Thursday
  • 23:29

いつも和楽プロジェクトをご支援いただきましてありがとうございます。

 

元気よく掃除からスタートします。

さぁ〜いくよ〜!!!

 

 

 

綺麗にお掃除しましょう〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子たちは、洗濯物を干してくれています☆

 

 

 

 

厨房では、笑顔で準備が進んでいます。

 

 

男の子たちは、こちらで精米をしてくれています。

 

 

こちらでは、ごま塩を作ってくれています。

とってもおいしかったよ☆

実は、作る人によって同じ分量、同じ材料なのに、味が違うのです。

面白いね(^_-)-☆

 

 

外では、うどん作りが始まっています!!!

どんな、うどんができるかな(^◇^)

 

 

みんなで触るとおいしくなるんだ!!

手で触ると、美味しいくなるだけでなく、癒されるんだ!!

 

 

そのあとは、川遊びに行ったよ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川は楽しいなぁ〜

 

 

 

いつまででも遊んでいられる。

やっほー

 

 

 

 

 

 

昼食のおむすび。

おかずも美味しいね(^◇^)

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ってきたら、夕食の準備

 

 

おくどさんで、ごはんを炊きます(^◇^)!!

さぁ〜誰がマッチで火をつけてくれるのかな〜

 

 

 

 

 

無事に火も付きあとは、火加減の調整だけ!

 

 

美味しいご飯ができたね(^◇^)

今日は、手巻き寿司!!

美味しかったね〜

 

 

今日も思いっきり生きました(^◇^)

明日もよろしくお願いします!(^^)!

和楽プロジェクト 未来創造実践塾 1日目

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 23:42

いつも和楽プロジェクトをご支援いただきましてありがとうございます。

7年目の受け入れが本日より始まりました。

 

これまで、たくさんの方々に応援・ご支援され、無事開催することが出来ました。

本当にありがとうございます。

 

 

本日、到着しました方々の中で

この子ども達は昨日から、ワクワクが止まらず

なかなか眠れなかったと聞きました。

本当に、うれしいことを言ってくれますね。

車の中からこの状態でした。

到着後は早速お食事の準備をしてもらいました。

 

 

 

笑いの絶えない準備。

これが、また美味しいお料理に繋がっているのですね(^◇^)

 

 

みんなで食べる食事は本当においしいね。

 

 

 

食事後は、遊歩道の整備のお手伝いに。

 

 

ノコを使って、木を切っていきます。

 

 

 

こちらは、チェーンソーを使って切っています。

良く注意して切っていきます。

 

 

切った木は、ユンボを使って軽トラへ積み込みます。

上手にできるかな。

 

 

 

 

この時ばかりは、みんな真剣に大人の話を聞き、操作していました。

そして、慣れてきたお兄ちゃんは、

一人で作業を進めてくれています。

 

 

 

 

慣れてきたお兄ちゃんは、一人でどんどん作業を進めてくれています。

 

 

大変よくできました(^◇^)

 

こうして、生きる力をはぐくんでいきます。

すぐには役に立たないものかもしれない。

でも、こういった作業があって、薪というエネルギー資源を作ることができ、

里山を守ることが出来る。

自分たちの知らないところで、

実は多くの方々のおかげで、

お風呂に入れ、ごはんを炊くことが出来ています。

 

この経験も、心のどこかには必ず残る。

それが、経験となり大事な何かに繋がっている気がしています。

 

ここでは、非日常のようで、リアルな体験をどんどんしてもらいたいと

思っています。

 

それは、何にもかえられない財産なんです。

危ないから、何もさせないのは愛情とはちがう。

大切な子供が、自らの命を守れるように、小さな体験を積み重ねること。

 

僕のおじいちゃんには、記憶にはありませんが、

沢山の経験をさせてくれた僕のおじいちゃん。

 

今では、そのように感じています。

 

 

明日は、どんな一日になるかな(^_-)-☆

 

最後に告知です。

今回の和楽プロジェクトでは、参加者のキャンセルもあり、若干ですが空きもございます。

8/8までの開催ですが、受け入れ可能です。

 

気軽にお問合せくださいませ。

いつもありがとうございます。

出会いに感謝!!

 

素敵な一日をありがとうございました。

 

未来創造実践塾!

  • 2017.06.04 Sunday
  • 13:56

いつも和楽プロジェクトをご支援いただきましてありがとうございます。

本日は、僕のお仕事を少しご紹介します。
じつは、昨年の春より、日本の古い建築技術に興味があり、
職人さんの元で月曜〜土曜まで修業をさせていただいております。
そして、先人の皆さんが残してきたものを、自分なりに今後の未来へ繋いでいきたいと、
心を熱くしています(^^♪
そして、自分が思う最高の家作りを目指し日々精進しています。
まずは、この写真!
これは、松という木で、「梁」に使うため削っている作業です。
実は、この木は地元、川上町産の木で、
木樵(きこり)さんにお願いし切り出してもらい、製材所で一番良い角度、強度で製材をしてもらいました。
現在では、少なくなったこのお仕事ですが、親方は言います。
この仕事があってこそ良い家が建てられると。
だから、家の上棟式や完成式では、誰よりも上座に座られるのがこの方たちなのだそうです。
確かに、木を見る目を持つ人、そして、気が生えている状況で、木の特性を見分けれること。
この作業には相当な経験と感性が必要だと感じました。
そして、丁寧に一番カッコよく見えるように削っていきます。
まる3日かけて、5本の木を削りました。(^^♪
そして、どこに使うか決めていくのですが、これが難しい。。。
木の曲がり具合、大きさ、顔の位置(一番きれいな表情をしている面)
まだまだ解りませんが、なんとなく感じれる様になってきました。
これが、仮仕上げの状態です。
そして、これが4寸の柱との比較写真!!
相当、大きいのが解ると思います(^^♪
だいたい、800kgの木になります!!
重すぎて持てません!!
こうやって、一つ一つ想いを込めて作る家づくり!
この後住んでいただける方に最高の住み心地をお届けするため、僕も精進しています。
こうして、材料一つ一つに想いでが詰まっていくと、その家が生き、大切にされるのでしょうね♪
日本には凄い技術と、心が沢山溢れています。
また、一つ繋げていきたい「心」がここに(^^♪
こんな感覚を少しでも伝えていきたいです!!
和楽プロジェクトをどうぞ宜しくお願いいたいします(^^
和楽プロジェクト 代表 山室 顕規
和楽プロジェクト とは → http://warapro.jp/

2017年 和楽プロジェクトのごあいさつ

  • 2017.05.31 Wednesday
  • 20:34

いつも和楽プロジェクトをご支援いただきまして誠にありがとうございます。

 

和楽プロジェクトでは、これからの未来に伝えていきたい先人からの知恵や生き方、

そして心を感じて今を生きるという事をお伝えしています。

 

それは今まであたりまえだった普段の生活の中で、

便利な物を少しやめて、

薪を使ってお料理をしたり、

お風呂をわかしたり、

おもちゃではなく山や川で遊んだり、

畑に行って取れたての野菜を食べたり、

自分のおやつは自分で作ったり、

土をいじり泥んこになって遊んだり、

実はそんな生活そのものの中に、

生きる力を学び、心の豊かさを育み、

ついでに健康な身体で幸せに生きれるという事だと私は感じています。

和楽プロジェクトは2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに立ち上がり、

はやくも6年が経ちました。

本当に多くの方の暖かいご支援があったからこそ、

この和楽プロジェクトを続けてこれたと感じています。

参加者、スタッフを代表して御礼申し上げます。

今年も岡山県の百姓屋敷わらで8月2日から8日間の受け入れをする予定ですので、

引き続きご支援のほどよろしくお願い致します。

 

 

7年目を迎える今、発足当初と比べ求められているものが少しずつ変わり、

私としても活動の目的を少しずつ変えていきたいと思っています。

そして、和楽プロジェクトとしての保養は、今年度で一度区切りをつけ、終了させて頂きます。

来年以降は活動を『東日本大震災の放射能問題における保養』という限定的なものではなく、

未来創造実践塾というもう一つの大きなコンセプトに基づいてもっと多くの人と関わり合っていくよう

活動内容を変更していく予定です。

日本には丁寧な暮らしそのもの中に、私達日本人が大切にしてきた、生き方や学びがあります。

そして、『これからの未来を担っていく子供たちが、本来日本人が持っていた生きる力を養うこと』

を最大の目的として活動していきたいと考えています。

もちろん今も放射能問題は解決の目途も立っていないのが現状です。

昨年は、参加者も多く44名(うち新規20名)のご家族の皆さんが

「岡山」での保養生活を過ごされました。

そして福島県を中心に放射能の影響のある地域に住む多くの方のサポートを

これからもしていきたいと思っているのは変わりありません。

 

これから先、震災なんてもう起きてほしくない。

そう願っていますが、昨年の熊本の震災を始めこの日本では小さな地震も含めると年間、

何千回もの地震が発生しているのが現状です。

そして震災だけでなくこれから先私たちが想定もできないことが起こる可能性もあります。

そんな中でも私たちができることは

色々な経験から行動が変わり、いざというときに備えること。

古き文化を知り、学び、そして実践すること。

私は、こういったことを子供達に残していきたいと考えているのです。

これから具体的な活動等も含めて少しずつお伝えさせて頂きたいと思っています。

今回はまず第1報としてお読み頂き、

今年8月の保養の受け入れ並びに8月以降の活動についてもご支援ご理解頂けたら幸いです。

最後に、昨年の収支報告などにつきましては、下記のURLより和楽プロジェクトホームページに掲載しております。

 

http://warapro.jp/

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

和楽プロジェクト代表 
 山室顕規

 

 

 

〜いのちの継承〜 和楽プロジェクト2016 幸せいっぱいありがとうございました!!

  • 2016.08.19 Friday
  • 22:37

いつも和楽プロジェクトをご支援・応援いただきましてありがとうございます。

8/5から開催しております、2016年和楽プロジェクトは8/17日をもちまして、
すべてのプログラムを無事終了することが出来ました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
総参加者数 44名
ボランティアスタッフ 24名
総数 68名での共同生活を実施いたしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年は、大きな怪我や病気もなく無事に終了することができ本当に良かったと思っております。
そして、この度は開催間際に、ボランティアスタッフのお願いや、支援金のお願いをさせていただきましたが、
本当に沢山の方のご協力のお陰で、ボランティアスタッフも多く集まり、更には支援金も目標金額に達することが出来ました。
本当に涙が出るほどの奇跡を、参加者にもスタッフにもお見せすることが出来ました。
心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。
また、最後のお別れパーティーでは、子どもも大人も号泣するほど別れを惜しみ
同時に、エールを送り合い最高の時間をみんなで過ごすことが出来ました。
・幸せは毎日の生活の中に沢山ある。
・どんなお料理もみんなで心を込めて作ると幸せが増幅すること。
 切り方よりも理屈よりも、もーっと大切なことを、子ども達から教えてもらったような気がします。
 「幸せごはん」はすべての我を捨てたとき、「いのち」が芽生える。そのように感じました。
・「いただきます」「ごちそうさま」の声かけだけでみんなが幸せにあふれること。
・遊びも掃除も全て本気!
 その本気が子ども達にはちゃんと伝わるということ。
・年齢が小さいから出来ないのではなく、
 出来ないと決めている大人がいるから出来ないだけだということ。
数えきれない、発見と成長と自分のまだまだな部分も多く気付かせていただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後に、忘れないでください!
現地福島の環境は6年目の保養を迎えた今もなお、変わることなく放射能を気にする生活となっています。
放射線による影響は、甲状腺がんなど大きな疾病として現れるだけではありません。
免疫機能を低下させたり、頭痛、関節痛など幅広い症状をもたらします。
だからこそ、少しでも離れた地域に一定期間身を置き
体内の放射線物質を排出し、身体に本来の免疫機能を取り戻させることが大切になってくるのです。
これからも、私は子ども達に太陽を照らすように、取り組んでいきたいと思っています。
そして将来この子ども達が幸せいっぱいで、次の人へ幸せのバトンを繋いでいってくれたなら、
涙が止まらないだろうな(^^♪
そんなことを、考えてしまいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みなさま!!
本当に沢山の子ども達・お父さん・お母さんを笑顔いっぱいにしてくださいましてありがとうございました。
これからも、和楽プロジェクトをどうぞ宜しくお願いいたします。
2016.08.14_15.52.10_Canon EOS 7D Mark II0_R.JPG
和楽プロジェクト 代表 山室 顕規 拝

〜いのちの継承〜 和楽プロジェクト滞在記7日目

  • 2016.08.11 Thursday
  • 22:35

いつもご支援いただきありがとうございます!


今日はボランティアできてくれた
スタッフのえりちゃん、ゆいちゃんとのお別れ。

お別れってちょっぴり寂しい気持ちになるね。
いっぱい遊んでくれて本当にありがとう(^_−)−☆



翌日ゆいちゃんのお誕生日とのことだったので
みんなでハッピーバースデーのお歌を歌ってお祝いしました!







そしてバスと車にのって広島へ〜〜

今日から4日目、有料老人ホーム ヴィラみずほさんにお世話になります


ヴィラみずほさん、どうぞよろしくお願いいたします!!!!


みんなで屋上で遊んだり

肩車をしたり・・・

こどもたちは大忙し(^ ^)




宇田川先生に教わったベジタサイズという体操を早速みんなでやりました。





遊んだ後は、お昼寝して充電だ〜








そしてこの日は宮島の花火大会の日。

花火が始まる前にみんなで記念写真(^O^)




うきうきがとまらない〜〜☆




暗くなってきたぞ〜
いよいよかな〜



どっーん!!





そらたかーく・たかーく!!

どこまでも登った花火玉!

迫力満点でした😋

 

こんな綺麗な花火は見たことないね!!

こども達にも最高の夜を感じてもらえて嬉しいなー

本当にご縁に感謝です

 

ありがとうございます。

 

明日も、早く起きて「読経」からはじめるよー😀

さいこうの1日をすごそうね〜♬

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM